コロナ禍で厳しい状況が続く飲食/旅行業界などを応援!東京・国内設置台数No.1(※1)のタクシー・サイネージメディア「Tokyo Prime」がTAXI GO COUPON ADSを提供開始

Published on:
2021年11月1日

〜本日より第一弾、ウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナーの放映もスタート〜

株式会社IRIS(本社:東京都港区、代表取締役:眞井 卓弥・宇木 大介)は本日2021年11月1日(月)より、コロナ禍による外出自粛要請/時短営業で苦しむ飲食・旅行業界などの応援を目的としたTAXI GO COUPON ADSの販売・提供を開始します。

媒体資料はこちらよりご確認下さい。
https://www.tokyo-prime.jp/mediasheet/

 

 

本メニューは「Tokyo Prime」への広告出稿費と、動画制作費(※2)、さらに株式会社Mobility Technologiesが運営するNo.1(※3)タクシーアプリ『GO』で使うことができるクーポン発行費用をあわせたメニューです。広告掲載による施設認知、予約意向を高めるだけでなく、タクシーアプリクーポンの配布により、来店/来場されるお客様にもメリットをお届けできるプランとなっており、広告出稿費は通常メニューに比べ割安となっております。

 

本施策の第一弾として、2021年11月1日(月)〜11月14日(日)の間、「Tokyo Prime」が展開する全国12都市で、株式会社Wolfgang’s Steakhouse JAPAN(本社:東京都港区、代表取締役:清水 謙)が運営するウルフギャング・ステーキハウス by ウルフギャング・ズウィナーのTAXI GO COUPON ADSを放映します。

本施策を通じてIRISは、コロナ禍で厳しい状況が続く飲食・旅行業界などの盛り上げに貢献してまいります。

※1 出典:タクシー・サイネージメディア各社の媒体資料記載の台数比較より
※2弊社指定のフォーマットでの制作となり、入稿シートの記入および静止画のご提供が必要となります
※3 App Annie調べ|タクシー配車関連アプリにおける日本国内ダウンロード数(iOS/ Google Play 合算値) 調査期間:2020年10月1日〜2021年9月30日

 

【Tokyo Primeについて】
株式会社IRISが運営する新世代デジタル・サイネージメディア。2021年11月1日現在、都内最大手の日本交通、帝都自動車交通など東京都内20,000台のタクシーを含む、全国主要12都市※のタクシー、合計約52,000台の車両に搭載された10インチ高精細デジタル・サイネージで音声付動画を放映。タクシーで移動するビジネス層・富裕層にリーチすることが可能です。
※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道、福岡県、宮城県、広島県

【株式会社IRISについて】
2016年6月に株式会社Mobility Technologies(旧・JapanTaxi株式会社)と、株式会社フリークアウト・ホールディングスの合弁会社として設立。新世代デジタル・サイネージメディア「Tokyo Prime」を開発・提供しています。

【本件のお問い合わせ先】
株式会社IRIS
担当:富原
E-mail:info@tokyo-prime.jp
Web:https://www.tokyo-prime.jp/