日本・東京設置台数No.1タクシー・サイネージメディア「Tokyo Prime」、 株式会社FIREBUGと連携し、『ロンブーチャンネル』のオリジナル番組を放映開始

Published on:
2021年7月12日

株式会社IRIS(本社:東京都港区、代表取締役:眞井 卓弥・宇木 大介、以下IRIS)は『ロンブーチャンネル』のオリジナル番組の放映を開始いたします。

株式会社FIREBUG(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:宮崎聡、代表取締役 プロデューサー:佐藤詳悟、以下FIREBUG)および株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博、以下電通)と共同企画し、タクシーの乗客向けエンタテインメントコンテンツとして、タクシーサイネージ「Tokyo Prime」内にて、2021年7月5日(月)より、『ロンブーチャンネル』のオリジナル番組を放映開始いたします。

本番組はロンドンブーツ1号2号のYouTube番組のスピンオフ企画として東京23区を中心に札幌・名古屋・大阪・福岡など全国12都市を走行する約51,000台のタクシー車内で乗車後6分以降に放映されます。

また、本番組は広告主様とのタイアップメニューとしての販売も開始しており、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんを起用した30秒のインタビュー動画を制作、タクシー車内で放映することが可能です。

IRISは本取り組みを通じて、タクシー乗車体験の向上を目指してまいります。

 

【FIREBUGについて】

FIREBUGは、「エンターテインメントとデジタルで、人を豊かにする」というミッションのもと、タレントやアーティストのDX支援を包括的に手掛け、エンタメを軸に企業に多角的なマーケティングソリューションを提供するエンタメビジネススタジオです。ナインティナインやロンドンブーツ1号2号、ロバートなどのマネージャーを歴任し、ロバート秋山の『クリエーターズ・ファイル』、COWCOWの『あたりまえ体操』などの数々のヒットコンテンツ開発にも携わった佐藤詳悟によって、2016年に創業。タレントやアーティストなど著名人のパートナーとして、デジタルを起点としたIP開発・ビジネスモデル構築を支援する「エンタメDX事業」、エンタメの力でスタートアップの事業成長を支援する「マーケティング支援事業」を展開しています。

 

【電通について】

「Integrated Communication Design」を事業領域としたコミュニケーション関連の統合的ソリューションの提供、経営・事業コンサルティングなど

 

【Tokyo Primeについて】

株式会社IRISが運営する新世代デジタル・サイネージ。2021年7月12日現在、都内最大手の日本交通、帝都自動車交通など東京都内19,000台のタクシーを含む、全国主要12都市※のタクシー、合計約51,000台の車両に搭載された10インチ高精細デジタル・サイネージで音声付動画を放映。タクシーで移動するビジネス層・富裕層にリーチすることが可能です。 ※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道、福岡県、宮城県、広島県

 

【株式会社IRISについて】

2016年6月に株式会社Mobility Technologies(旧・JapanTaxi株式会社)と、株式会社フリークアウト・ホールディングスの合弁会社として設立。2021年7月5日現在、全国主要12都市51,000台の車両に設置される新世代デジタル・サイネージ「Tokyo Prime」を開発・提供しています。

 

【本件の問い合わせ】

株式会社IRIS
担当:高橋
E-mail:info@tokyo-prime.jp
Web:https://www.tokyo-prime.jp