Case Study

INTERVIEW VOL.11

ナレッジスイート株式会社
DXビジネスユニット マーケティング部プロモーショングループ リーダー 岩崎 敦之

THEME01

Tokyo Primeを実施されたきっかけについて

事業内容含め簡単な自己紹介をお願いいたします
累計8,000社以上のお客様に利用されている、中小・中堅企業向けに開発された、営業活動の効率化及び売上アップを可能にするSFA/CRMクラウドサービス「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」、及びオンライン商談とオンライン会議サービスがひとつになった「VCRM」などのDXクラウドサービスの開発販売を行うクラウドベンダーです。
Tokyo Primeをどのようにお知りになられましたか
タクシーに乗る度に印象深いCMが流れていたことがきっかけです。
お取り組みを決断されたポイントを教えてください
新サービスであるオンライン商談オンライン会議サービスの「VCRM」の早期認知獲得を目指す上で、ダイレクトなターゲット訴求を目的として決断しました。
また、フリークエンシーを獲得できるメリットを活かそうとしました。「VCRM」は「ZOOM」をはじめマイクロソフトの「Teams」など競合がひしめくレッドオーシャン上に投下した後発サービスになり、これらユニコーンサービスと戦うには、まず認知獲得が先決であると考えていました。
ターゲットが検討段階で「VCRM」をエボークドセット(Evoked Set)しない限り勝つのは困難です。
TVCMを東京、名古屋、大阪、福岡を中心にターゲット含有率の高い時間帯に集中投下し、更にターゲット含有率の高いタクシーメディアでフリークエンシーを獲得していきました。

THEME02

Tokyo Primeで実施した広告の概要について

実施の目的
当社新サービスの早期認知獲得
実施前の課題
競合がユニコーン過ぎるレッドオーシャンでの戦い方
実施における反響
首都圏ターゲットへの訴求は上手くいった。
実施における所感
中小中堅企業向けサービスとして開発しましたが、少しターゲットが大手に近いところへ訴求していたのではと感じています。

THEME03

期待していること

今後期待していることなどあれば教えてください
入稿できる素材本数を増やせると嬉しいですね。

CALENDAR

広告枠をご確認いただけます。

詳細を見る

MEDIA SHEET

より詳細な媒体資料をご覧いただけます。

詳細を見る