タクシーサイネージメディア運営のIRISが「コロナ禍におけるタクシー利用実態」を調査、全国10都市のユーザー約8割が「タクシー利用は回復傾向」と回答

Published on:
2020年10月5日

日本・東京設置台数No.1タクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」を運営する株式会社IRIS(本社:東京都千代田区、代表取締役:眞井 卓弥・宇木 大介)は、全国10都市※のタクシー利用者2,835名に対して「コロナ禍におけるタクシー利用実態調査」を実施しました。
※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道、福岡県

  2020年5月25日に緊急事態解除宣言が発出された後、段階的に経済活動が再開されていく中で、タクシー利用回数とタクシーサイネージメディアの広告再生回数は回復傾向にあります。
  今回「コロナ禍」がタクシー利用に与えた影響を定量的に把握し、タクシーサイネージメディアへの広告出稿を適切にプランニングして頂くために、タクシー利用者の実態を利用マインド、広告再生ログ、配車アプリ利用ログの観点から分析し、その一部を開示します。

  【分析結果サマリ】
TOPIC① 全国10都市のユーザー約8割が「タクシー利用は回復傾向」と回答

タクシー利用者の利用者マインドは「回復傾向」、東京、大阪など大都市では特に回復傾向

  TOPIC② 広告再生回数は2020年1月水準の約90%まで回復
「Tokyo Prime」の広告再生回数は2020年1月の水準近くまで回復
平日の平均広告再生回数比(1月対9月)は95%となっている
 

  TOPIC③ タクシー利用時間は「ビジネスタイム」にシフト
タクシー利用時間は6時~18時までの割合がコロナ禍前と比較して6ポイント上昇

※24時間中6:00-3:00までの21時間分を100%としたデータ
※2020年8月10日~9月13日の5週間におけるTokyo Prime 時間帯別乗車回数の分布
※コロナ禍前のデータは2020年1月13日(月)~2月16日(日)のデータを集計

    TOPIC④ タクシー配車アプリの利用回数は前年同月比を超える水準で推移
株式会社Mobility Technologiesが運営するタクシー配車アプリ『GO』※と『JapanTaxi』アプリの2020年7月のお客様乗車回数は昨年を超え、両アプリ合わせて前年同月比3割増となっている

※2019年時点旧『MOV』

  TOPIC⑤ 「コロナ禍」におけるタクシー利用者は意思決定のできる役職者が増加
2018年9月と比較して2020年9月は課長以上の役職者比率が5ポイント上昇


2018年9月と比較して2020年9月は「会社内でソフトウェア導入の意思決定ができる」と回答した割合が6ポイント上昇

上述サマリ以外にも各種データを用意しておりますので、広告主様、広告代理店様はお気軽にお問合せください。

  株式会社IRISはタクシーサイネージメディアの健全な発展のため、今後も市場動向を定期的に分析し開示してまいります。

    【調査概要(今回)】
調査対象   :月1回以上タクシーを利用する20才以上の男女個人
調査地域   :全国10都市※上述
調査方法   :インターネットリサーチ
調査時期   :2020年9月14日~2020年9月17日
有効回答数  :2,835サンプル

  【調査概要(前回)】
調査対象   :月1回以上タクシーを利用する20才以上の男女個人
調査地域   :全国10都市※上述
調査方法   :インターネットリサーチ
調査時期   :2018年9月7日~2018年9月11日
有効回答数  :2,790サンプル

  【Tokyo Primeについて】
株式会社IRISが運営する新世代デジタル・サイネージ。2020年10月5日現在、都内最大手の日本交通、帝都自動車交通など東京都内19,000台のタクシーを含む、全国主要12都市※のタクシー、合計約50,000台の車両に搭載された10インチ高精細デジタル・サイネージで音声付動画を放映。タクシーで移動するビジネス層・富裕層にリーチすることが可能です。
※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道、福岡県、広島県、宮城県
  
【株式会社IRISについて】
2016年6月に株式会社Mobility Technologies(旧・JapanTaxi株式会社)と、株式会社フリークアウト・ホールディングスの合弁会社として設立。2020年10月5日現在、全国主要12都市50,000台の車両に設置される新世代デジタル・サイネージ「Tokyo Prime」を開発・提供しています。

  【本件の問い合わせ】
株式会社IRIS
担当:飽浦
E-mail:info@tokyo-prime.jp
Web:https://www.tokyo-prime.jp/