Case Study

INTERVIEW VOL.22

株式会社Wolfgang's Steakhouse JAPAN
マーケティング部 部長 逆瀬川 豊

THEME01

Tokyo Primeを実施されたきっかけについて

事業内容含め簡単な自己紹介をお願いいたします
NY発祥のステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」は、国内において、六本木、丸の内、青山、大阪、福岡の5店舗を展開しています。
アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級の品質と認定された「プライムグレード」のみを、専用熟成庫で長期熟成した肉を厚切りにして、900℃のオーブンで焼き上げた、ダイナミックな極上ステーキとエレガントな空間、あたたかいサービスを通して、海外旅行のような体験や「忘れられない」を叶える想い出を提供しています。
Tokyo Primeをどのようにお知りになられましたか
日本交通社様と一緒に取り組んでいるタクシーデリバリーを実施している関係の中でご紹介いただきました。
お取り組みを決断されたポイントを教えてください
コロナ過でも移動をされている方、また、頻度よくタクシーを利用されている方に向けてアプローチができる点。

THEME02

Tokyo Primeで実施した広告の概要について

実施の目的
ターゲットに対して、高級ステーキハウスのデリバリーの告知。
また、漫画「ワンピース」とのコラボ動画を観ていただく機会を作ること。
実施前の課題
頻度よくタクシーを利用されるような富裕層のターゲットに対して、スマートフォン以外でも、リーチできる一つの手段を探していました。
実施中の反響
タクシーで「ワンピース」のコラボ動画を観たなどの声を多く頂きました。
実施における効果
同時期に複数の広告施策を実施しているので、直接的な結果には、なりませんが、名指し検索数は期間中増加傾向にあります。

THEME03

期待していること

今後期待していることなどあれば教えてください
広告視聴に合わせて、プッシュ広告が配信できるなど。

CALENDAR

広告枠をご確認いただけます。

詳細を見る

MEDIA SHEET

より詳細な媒体資料をご覧いただけます。

詳細を見る